入浴中の洗顔について

私は入浴中に洗顔することが多いのですが、その時にお湯で顔を洗うために、どうしてもそのままにしておくと、顔が突っ張ってきてしまいます。
そこで、少し前から洗顔後の濡れたままの顔の状態で、化粧水をつけるようにしました。

その後、髪の毛や体を洗っていきますが、化粧水をつけるだけで、顔の肌の状態がかなり違うことが分かりました。
以前の私は洗顔をした後は入浴後に化粧水をつけていました。

しかし、これだと洗顔後に時間が空いてしまい、いくら湿度が高い浴室の中に居たとしても、やはり顔が突っ張ってしまいます。
この状態を改善出来たことで、顔の肌の乾燥を防ぐことができました。

ちょっとしたことですが、こういう細かなことをきちんとやっていくことが、事前に肌トラブルを回避していくコツなのだと思います。

私は夏になると高温多湿になることもあり、スキンケアは化粧水が基本になります。
これだけでスキンケアを終わらせることも少なくありません。

ですが、外出時は必ず日焼け止めクリームを付けますが、自宅にいる時はスッピンです。
以前、かなり肌荒れが酷かった時に、皮膚科を受診した時に、先生からしばらくメイクは止めたほうが良いと言われたことがありました。

やはり、メイクは肌への負担が大きいのかもしれません。
私は肌トラブルを隠すためにメイクをしたこともありましたが、かえって肌トラブルが目立ってしまったことがありました。

私は顔が赤くなりやすいようですが、その原因はやはり肌荒れが原因だったように思います。
また、周りの人からも肌が弱そうだと言われることが良くありました。

なので、たるみやシワよりも、まずは肌荒れを何とかすることが先行していました。
しかし、今では肌荒れの悩みが少なくなってきたので、たるみやしわ対策もやっていきたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました